あるパーツの柔軟性がアップするだけで痩せやすい体に!

あるパーツの柔軟性がアップするだけで痩せやすい体に!


痩せやすい体作りをしたいなら、日頃から柔軟体操をして各パーツを柔らかくしておきたいものです。そこで柔軟性がアップするだけでも痩せやすい体作りに有効なパーツとは?


0-5711.jpg

体がかたいと体を動かした時にケガをしやすくなるし、その周辺に脂肪が付きやすくなったりもするから、ダイエッターにとってはあまりよくないことですよね。


わたしも学生の頃は柔軟体操が苦にならないくらい、体が柔らかかったんですが今となってはもう・・・w


ダイエットのためにもパーツの柔軟性アップは欠かせません。


ということで柔軟性を高めておきたいパーツとは、


肩甲骨
背中のお肉が気になる人はぜひ!
背中の脂肪が下着を身に付けた時にはみ出てしまうと、シルエットが段々になってしまって、お世辞にもキレイとは言えませんよね。そういう人は肩甲骨を柔らかくするといいです。


方法は、

  1. 肩幅に脚を開いて立つ
  2. まっすぐ天井に向かって両腕を伸ばす
  3. 腕を上げたまま交差して両手のひらをくっつける
  4. ゆっくりと無理しないよう体を左右に倒す動きを何度か繰り返す


股関節
柔らかくするためには両脚の裏をくっつけ、できるだけ自分の方にかかとを引っ張り、その状態で膝が床に着くよう上下に動かしてもいいです。

他にも、

  1. 膝を曲げずに仰向けになる
  2. 片方の脚だけを浮かせたら脚の付け根から外回り・内回りを各10回ずつ行う


骨盤
いつまでもおなか周りの脂肪が減らないのは骨盤の柔軟性が良くないからかもしれません。

方法は、

  1. 両手は腰へ、肩幅に脚を開いて立つ
  2. 内股に力を入れるようにして腰を大きく左右に各20回ずつ回す

内股に力を入れることで太もものストレッチにもなるんですよ。うまく意識できないなら小さなボールやクッションなどを膝に挟んで腰を回してみてください。


こんな感じで体のパーツを柔らかくしておくことはダイエットにとって必須だから、夜寝る前にでも布団の上でやる習慣をつけたいものですね。



タグ

2014年7月21日|

カテゴリー:ダイエット

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの