骨盤ダイエットで効果が出にくい理由は?

骨盤ダイエットで効果が出にくい理由は?


一時期、骨盤ダイエットにハマッたことがあったけど、なかなかダイエット効果を実感できないまま終わった記憶が...。その理由を考えてみました。


bb590e2dc71e5b59aaa36613c144112d_m.jpg

ぽっこりお腹や便秘、冷えなど骨盤が開いていると様々な不調の原因になるから、開いた骨盤を締めることで、それらの不調が改善される。


ということで骨盤矯正による骨盤ダイエットが流行りましたね。


私もお腹やお尻周りにお肉がついてきたし、食事制限や軽い運動だけでダイエットが成功しにくくなったので、てっきり骨盤が開いてるものと思い、それを締める方法をいろいろ試したりしたものです。


でも結果は骨盤を意識したケアを続けたところで体型も体重も変わることなく終わったので、その理由を調べてみました。

骨盤ダイエットで効果が出にくい理由

骨盤は本来、「緩む→締まる→緩む...」を繰り返しているもので、これがスムーズに行われていることで新陳代謝や排せつなどが順調にされているものだから。


なので骨盤エクササイズに励んだところで柔軟性がアップすることはあっても、直接ダイエット効果が出るとは限らないのだそうです。


それは骨盤エクササイズに基礎代謝アップと、骨盤を締める効果をほとんど望めないから!


ということは、下腹が出てきたとかお尻周りがふくよかになってきた・・・っていうのは、単純に脂肪がついてしまっただけ。ってことなので、ここで骨盤ダイエットを頑張っても意味がない!ってことなんだとか。


むしろ、骨盤を補正下着などで強制的に無理矢理締めつけることの方が、血行不良や内臓を圧迫するなどで健康や美容にはよろしくないことだったのです。


だからインナーもパンツもちゃんと自分のサイズに合ったものを身につけた方がいいみたい。

ではダイエットのためにどうしたらいい?

  • 座りっぱなしの時間が長い人は正しい姿勢を意識する
  • 常にお腹を凹めておくことを意識する
  • 座るときに膝が開かないよう意識する
  • 食事は腹八分目にして満腹になるまで食べない
  • 便秘気味な人はまず便秘解消が先
  • 家でテレビを見ながらお尻歩きをしてみる

骨盤エクササイズもいいけど、日頃からこれらを意識するだけでも変わってきますよ。


お腹を凹ませることを日常化してクセにしてしまえば、食事中もその状態をキープできて、食事の摂取量を減らせることもできます。


それが無理なら食事の際はおなかにヒモを結んでおくと、食べた後ぽっこりお腹になる前にお腹が苦しくなってくるから腹八分目でおさえることもできます。

骨盤って思ったほど簡単に開閉するものじゃないそうで、むしろそこまで簡単にパカパカするのはある意味病気だそうです。


だから姿勢を正すとか、座るときに膝が開かないようにするなど、筋肉を毎日コツコツ使ってあげる方がダイエットには効果的なので、もう無理に骨盤を締めるようなことはやめましょう。


バンドやベルトと使うなら骨盤じゃなくてお腹に使った方がいいですよ。


凹めた状態でベルトを締めれば力を緩めることで苦しくなるから、常に凹ませるよう意識できるし。その方が筋肉を使って正しい姿勢を意識できるから、まずはこうした簡単なことから始めてみるといいと思います。



タグ

2015年1月29日|

カテゴリー:ダイエット

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの