悪い汗から良い汗へ

悪い汗から良い汗へ


夏が来ますね。
というかもう来てますね。
というより先に梅雨が来ますね。

これからの時期、汗をかく機会が多くなりますが、
何か汗対策ってされてます?

私はどちらかと言えば汗をかくのが嫌いな人。
お風呂上がりに出る汗ですらイラッとしてしまいます。
「せっかく体洗ったのにココでまた汗かいてたらダメじゃん!」って一人でキレてます。

でも人は本来、たくさん汗をかいて体温調節する生き物。
だから本当なら自然に汗をかけることは喜ばしい事の筈。

だがしかし!

最近は冷房の普及により、汗をかく機会が減り
汗をかかない生活が主になってきているため、
汗をかきにくい体質になりつつある人もいるようです。

こうして汗をかきにくい体質になるということは、
「かく汗の量が減る」ということであって、そうなると、

・体温調節機能の低下
・免疫力の低下
・ホルモンバランスの乱れ
・ベタベタしたニオイの元になる汗をかく

など、このような状態になり、更にこの状態を放置することで
今度は生理機能が狂ってしまい、

・体が重いように感じてしまう
・疲れがいつまでもとれない

などといった不調を訴えることになります。
中でも「ベタベタしたニオイの元になる汗」こそが「悪い汗」です。

では逆に「良い汗」とは?

それは、
汗腺がミネラル分を血液中へ戻し水分のみを吸収したサラサラした汗。となります。
なのでニオイとかベタつく感じがあまり気になりません。

こうした良い汗をかけると、

・自立神経のバランスを整える
・カロリーが消費される
・肌の保護

などといった効果を得られます。

そのため悪い汗から良い汗へ
今までベタベタしていてニオイが気になる悪い汗をかいていた人は、
今後はニオイなどの不快感をあまり気にせずに済む良い汗をかけるようになりましょう。

方法は簡単。

自然の気温に身を任せること。
つまり出来るだけ冷房の使用を控えたり、冷房に当たらない時間を作ればOK。
後は適度な運動で汗を流す。

そうすることで悪い汗から良い汗をかける体作りをしていくことができます。
これからの時期、ジッとしてても汗が出るではないですか。
そんな時、不快感を伴わない良い汗だったら、汗をかいても気持ち良いんだろうなぁ。


※応援にポチッとお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!


タグ

2010年6月18日|

カテゴリー:健康・歯・その他

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの