「甘さ控えめ」より「低糖」「ノンカロリー」

「甘さ控えめ」より「低糖」「ノンカロリー」


よく飲み物で「甘さ控えめ」という表記を
目にした事はありませんか?

実は「甘さ控えめ」と言いつつ甘さの数値基準ってないんですよ。
糖分量に関しては特に取り決めがされていないのです。

つまり

甘さ控えめ=糖分が少ないとは限らない

ということです。
「甘さ控えめ」とは、こういう意味を表したものではないのです。

そもそも甘さって糖分の量とは無関係に味覚で感じるものだから、
味覚で甘かろうが、そうでなかろうが、それだけで糖分の量は分からないものです。

では「甘さ控えめ」ってどういうこと?
それは、

どれだけの量の砂糖が入っていようとも、
味覚ですっきり感を味わえれば、
それを表現するものとして「甘さ控えめ」ということができる。

となります。
そのため「甘さ控えめ」という言葉に頼るよりも
裏に書かれている栄養成分表で糖分の量を確認した方が確実なのです。

ちなみに、どうせそういう言葉に頼るなら
「甘さ控えめ」より「低糖」か「ノンカロリー」にしておきましょう。


◆ランキングサイト
※応援にポチッとお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!


タグ

2010年11月 8日|

カテゴリー:健康・歯・その他

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの