カロリー表記を正しく理解しよう

カロリー表記を正しく理解しよう


カロリーなどについて表記されている飲食物が増えましたね。
「カロリーオフ」「甘さ控えめ」「低糖」「無糖」等々...。
中でも以前。

「甘さ控えめ」より「低糖」「ノンカロリー」

で「甘さ控えめ」という表記の意味についてご紹介させていただいたところ、
こちらのブログを紹介しているもう一つの私のプライベイトブログの方で、
この記事についてもう少し詳細が知りたいという有難いご要望を頂戴いたしました。

そこで今日は
『 カロリー表記を正しく理解しよう 』
と題しまして「熱量」「低糖」「微糖」「無糖」についてご紹介します。

---------- カロリー表記で使われるそれぞれの言葉の意味 ----------
◆「低(ロー)」「ひかえめ」「少」「ライト」「ダイエット」「オフ」

・食べ物・・・100g当たり40kcal以下
・飲み物・・・100ml当たり20kcal以下

この場合に「低(ロー)」「ひかえめ」「少」「ライト」「ダイエット」「オフ」などと表示できます。


◆「低糖」「微糖」

・食べ物・・・100g当たり5g以下
・飲み物・・・100ml当たり2.5g以下

この場合に「低糖」「微糖」と表示できます。


◆「無糖」

・食べ物・・・100g当たり0.5g未満
・飲み物・・・100ml当たり0.5g未満

この場合に「無糖」と表示できます。


---------- ※オマケ※ ----------
◆「カロリーオフ」
カロリーオフは必ずしもダイエット向きとは言えません。
まぁ、通常タイプよりは若干低カロリーにはなるでしょうけど。

でも・・・。

例えば「カロリーオフ○○kcal」という表示を見た事ありませんか?
この場合その表示についてよくチェックしてみると
「100ml中」と書いてありませんでしょうか?

結局のところ「100ml中○○kcalオフ」ということです。

具体的には「 100ml中14kcalオフ 」の場合、
それが1本350mlであれば角砂糖3.5個分は含まれているということになります。

それを知ってダイエット中にそのジュースなり何なりを口にできますか?

これは全ての飲食物に当てはまる数値ではありませんが、
いずれにせよ「100ml中」で書かれたカロリーオフは侮れないものです。
この場合、ダイエット中なら「カロリーゼロ」をオススメします。


このようにカロリー表記については
それぞれ表示されている言葉の意味を正しく理解しておくといいでしょう

そうすることで
ダイエット中でも安心して口にできるものや、
糖分を控えたい時に選んでいいものなどが分かると思います。


◆ランキングサイト
※応援にポチッとお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!


タグ

2010年11月26日|

カテゴリー:健康・歯・その他

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの