月経前症候群との付き合い方

月経前症候群との付き合い方


毎月そうですが、
生理が近くなってくるこのタイミングになると気になる症状がいくつか出てきます。
それは・・・

◆一時的な体重の増加・・・約2,3キロ程度
◆ニキビ・・・毎回同じところに出て生理が終わると消える
◆乳房のハリ・・・痛みを伴う事もあり
◆イライラ・・・ちょっとしたことでムカつく
◆腰痛・・・何故か生理が近くなると腰が痛みを訴える
◆むくみ・・・水分を多めにとっても解消されず
◆頭痛・・・こちらは毎回ではなく時々

私は毎月、生理が始まるであろう1週間くらい前から、
これらの症状に悩まされます。

でもこれらの症状は別に異常ではないんですよね。
こうした生理前にボチボチ出現するこれらの症状は

『月経前症候群(PMS)』

と呼ばれるものだから例え症状が出たとしても私はそんなに深刻に考え過ぎず。。。
というより、ほとんど思考が停止してるから考えることすら面倒で放棄します。

本当なら事前に何かしらの策を講じるべきなのでしょうが、
なんか毎月の事だから『もういいや』って諦めの方が大きくて。

というのも私の場合、少々動作とか反応は鈍くなるものの、
日常生活に支障をきたすほど極端に重い症状ではない。。。はず。

なので今のところ月経前症候群に対して何か対策を・・・ってことはしてないです。
ただ、この時期に注意してる事ならあります。

それは『生理前に出てくるニキビをイジらないこと!』

毎回生理前になるとニキビなんかがポチッとアゴの辺りに出てきますが、
というか今現在もポチッと一つできてますが、
これをね何もしないでただ放置しときます。

生理前に出て生理が始まる時に自然と消えてくれるのを待つだけ。

というのもニキビってヘタにイジると跡が残っちゃうでしょ。
こうした顔のニキビ跡って美容の面から言っても当然、喜ばしくない。

だから私はニキビとかが出ても放置。
勝手にキレイに消えてくれるまでひたすら放置。
その間、どんなにその存在が気になろうとも放置。

あっ、でも一応、洗顔方法を変えたり...くらいはしてますよ。
洗顔フォームを洗顔石鹸に変更したり。。。とか。

他には・・・月経前症候群の症状が出ている最中、
体調を崩さないよう体を休める時間を多めに確保するくらい。

私の月経前症候群とのお付き合いはこんな感じ。
とにかくこの時期は「無理せずマイペースに!」がモットー。

ちなみに、
あまりにも症状が酷い時には一度、お医者さんに相談してみると良いですよ。
それなりにアドバイスとかお薬とか頂けたりするので一人で悩まず相談してみて!


タグ

2010年2月 9日|

カテゴリー:健康・歯・その他

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの