おからを使ったおやつを作る時の注意

おからを使ったおやつを作る時の注意


おからはダイエットの強い味方となる食材の一つ。
ヘルシーでありながら栄養価が高く安価で入手できるのでお財布にも優しい。
そんなおからを使って我が家では、おやつを作る機会があります。

おからは美容と健康に良い食材ですから、
ハンバーグなどのおかずとして使うだけでなく、
お菓子などにして、おやつとしても美味しく頂きたいものですよね。

おからなら小麦粉を使った時に比べて20%~30%もカロリーをカットできます。

しかし、おからを使ったおやつを作る時には注意が必要です。

まず、おからだけでおやつを作ろうとすると
しっとり感が全くなくボソボソ感が強く出てしまうため、
とてもじゃないけど「美味しい」とは思えない仕上がりになります。

そこで登場するのが、しっとりした仕上がりにするために使われる
バターなどの油分またはクリームなどとなりますね。

これらを適量加えて、おからのボソボソした食感を緩和するなら良いのですが、
逆に加え過ぎてしまうとその分、カロリーがアップすることになります。

このように、せっかくおからで低カロリーのおやつを作ろうとしても
他の材料でカロリーが高くなってしまったのでは意味がありません。

そのため、おからを使ったおやつを作る時には、
バターなどを入れ過ぎないよう注意してくださいね。


※応援にポチッとお願いします。
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!


タグ

2010年6月12日|

カテゴリー:食べ物のこと

【お世話になってます】

美容にいいもの…世の中にはたくさんあります。
でもそれら全てが自分に合うものとは限りません。
体質、肌質、髪質など人それぞれ「質」が違うわけですから、どんなに「美容にいい」とされるものであっても、それが自分に合わなければ意味がないのです。
だからこそまずは自分が持つ「質」を知ることが大事。
その質と相談しながら焦らずゆっくり美容にいいこと今日から始めてみませんか。

メールアドレス FXってなんなの